丹波篠山の歴史

Home > 丹波篠山の歴史  > 鉾山巡行(ほこやまじゅんこう)

鉾山巡行(ほこやまじゅんこう)

鉾山巡行(ほこやまじゅんこう)

ちんちき山とも呼ばれる鉾山の原形は、万治4年(1661)から始まったといわれています。

鉾山は、寛文3年(1663 上)河原町の「三笠山(みかさやま)」が最も古く寄進されのに始まり、続いて、寛文5年(1665)上立町の「孔雀山(くじゃくやま)」、延宝6年 (1678)には、下立町の「高砂山(たかさごやま)」、貞享4年(1687)には、上二階町の「猩々山(しょうじょうやま)」と造られてきたようです。 以下、建造年代が不明ですが、下河原町の「鳳凰山(ほうおうやま)」、呉服町の「剣鉾山(けんぼこやま)」、下二階町の「閑鼓山(かんこやま)」、魚屋町 の「蘇鉄山(そてつやま)」、西町の「鏡山(かがみやま)」と順々に造られ、享保年間(1716〜35)頃には、今見る9基の鉾山が揃ったようです。
嘉永3年(1850)記述の「篠山春日御社図」によると、現在と同じ9基の鉾山が描かれており、幕の新調や修理などを経ながら、現在の鉾山の姿として伝えられたのでしょう。
鉾山の下部に取り付けら れた「万力」による方向転換や、辻回しなど観客を圧倒する豪快な姿は、京都の祇園祭を思わせます。宮入りする9基の鉾山は、まちの近代化によって電線に触 れることから、明治43年(1910)から鉾山の頭を取りはずして、祭礼中は各町に飾られるようになりました。

 

上町4台
三笠(上河原町)・鳳凰(下河原町)・孔雀(上立町)・高砂(下立町)

下町5台
剣鉾(呉服町)・猩々(上二階町)・諫鼓(下二階町)・蘇鉄(魚屋町)・鏡(西町)



篠山観光案内所
TEL:079-552-3380
篠山口駅観光案内所
TEL:079-590-2060
篠山市役所 商工観光課
TEL:079-552-1111
丹波篠山観光協会
TEL:079-506-1535
まるいのアイテムダウンロード

明日、ささやまいこうかな

丹波篠山観光TV

野音ツアーえこりんプロジェクト

篠山映像想いがたり

篠山歴史美術館

篠山市役所

丹波篠山観光協会

篠山市商工会

ひょうごツーリズムガイド