丹波篠山の歴史

Home > 丹波篠山の歴史  > 波々伯部神社の祭礼操り人形(ほほかべじんじゃのさいれいあやつりにんぎょう)

波々伯部神社の祭礼操り人形(ほほかべじんじゃのさいれいあやつりにんぎょう)

波々伯部神社の祭礼操り人形(ほほかべじんじゃのさいれいあやつりにんぎょう)

波々伯部神社に伝えられた祭礼操り人形は「おやまの神事」と呼ばれ、3年に一度、境内に組み立て られた「胡瓜山」と呼ばれる屋台の上で、操り人形「デコノボウ」を謡曲に合わせて操ります。デコノボウは12体あり、高さ40〜60cmの胴串だけの単純素 朴な造りの人形で、それに演目に合った化粧(エカキ)を施し、衣装を着せて使用します。デコノボウは文楽、人形浄瑠璃の人形に先行するこれらの祖形と見られ、中世的色彩をとどめた貴重な有形民俗文化財です。なお、デコノボウの中に、享保4年(1719)の製作年銘を持つものがあります。


県指定・有形民俗文化財
 



篠山観光案内所
TEL:079-552-3380
篠山口駅観光案内所
TEL:079-590-2060
篠山市役所 商工観光課
TEL:079-552-1111
丹波篠山観光協会
TEL:079-506-1535
まるいのアイテムダウンロード

明日、ささやまいこうかな

丹波篠山観光TV

野音ツアーえこりんプロジェクト

篠山映像想いがたり

篠山歴史美術館

篠山市役所

丹波篠山観光協会

篠山市商工会

ひょうごツーリズムガイド