丹波篠山の歴史

Home > 丹波篠山の歴史  > 池尻神社操り人形の首(いけじりじんじゃあやつりにんぎょうのくび)

池尻神社操り人形の首(いけじりじんじゃあやつりにんぎょうのくび)

池尻神社操り人形の首(いけじりじんじゃあやつりにんぎょうのくび)

 

池尻神社において奉納される人形狂言に使用する頭(かしら)で、じじ、ばば、稲田姫、祢宜(ね ぎ)、八重垣の5体があります。八重垣、祢宜の頭髪はかつら、他の3体は植毛です。胴串の角度やカマ木から一人遣い(現在は3人および2人で使用)の系統 に属し、古浄瑠璃から文楽人形に移る過渡期の様相をとどめています。ばばの首以外は、いずれも安永年間(1772〜81)以前に製作されたと推定されてい ます。池尻神社には古くから明神講があり、この講組織が、これらの人形を使い「神変応護桜」の演目を奉納していました。現在は、池尻人形狂言保存会が継承するとともに、人形を保護伝承しています。

 

池尻神社人形狂言.JPG


県指定・有形民俗文化財
 



篠山観光案内所
TEL:079-552-3380
篠山口駅観光案内所
TEL:079-590-2060
篠山市役所 商工観光課
TEL:079-552-1111
丹波篠山観光協会
TEL:079-506-1535
丹波篠山黒枝豆販売の店マップ

まるいのアイテムダウンロード

明日、ささやまいこうかな

丹波篠山観光TV

野音ツアーえこりんプロジェクト

篠山映像想いがたり

篠山歴史美術館

篠山市役所

丹波篠山観光協会

篠山市商工会

ひょうごツーリズムガイド