丹波篠山の歴史

Home > 丹波篠山の歴史  > 石くど

石くど

篠山市熊谷。

郡 家の新宮古墳から東へ約300mのところに、「石くど」(市・史跡)と呼ばれている遺構がある。これは、六世紀後半ごろの築造された、横穴式石室をもつ古 墳で、大きな円墳であったと思われる。封土(盛り上げた土)がなくなって、石郭の巨石が露出したもので、一見、かまどの「くど」に似ているところからその 名がある。石室は無袖型式で、外側の高さ約3m、長さ約4m、東南に向って羨道(えんどう・入口から玄室、すなわち石棺を納める部屋までの通路)跡の部分 は約5mあり、側壁東側は五枚の側石が残り、三段に積み重ねている。奥壁は二枚で、上には巨大な天井石が二枚架け渡してある。石室内から遺物が出たという 記録については何も残っていない。
昭和52年に行われた範囲確認調査によっても、特に出土品はなく、周濠をもっていないことがわかった。飛鳥の石舞台古墳を思わせる大変珍しいものであり、この付近では、火雨が降ったときの隠れ場だという言い伝えがある。



篠山観光案内所
TEL:079-552-3380
篠山口駅観光案内所
TEL:079-590-2060
篠山市役所 商工観光課
TEL:079-552-1111
丹波篠山観光協会
TEL:079-506-1535
まるいのアイテムダウンロード

明日、ささやまいこうかな

丹波篠山観光TV

野音ツアーえこりんプロジェクト

篠山映像想いがたり

篠山歴史美術館

篠山市役所

丹波篠山観光協会

篠山市商工会

ひょうごツーリズムガイド