丹波篠山の歴史

Home > 丹波篠山の歴史  > 観音寺

観音寺

下河原町にある、曹洞宗で篠山市雲部の洞光寺の末寺です。
古くは八上城主波多野晴秀が観音信仰のあまり、知足にあった観音堂を八上城下に移したのが始まりで、その後篠山城築城後の慶長15年に現在の地に移しました。
 
境内の観音堂の尊像は約600年前のもので、もう一体は東新町にあった観音堂から明治になって合祀したもので、約900年前のものといわれています。

お問合わせ

ホームページ:

兵庫県篠山市河原町165

アクセス



篠山観光案内所
TEL:079-552-3380
篠山口駅観光案内所
TEL:079-590-2060
篠山市役所 商工観光課
TEL:079-552-1111
丹波篠山観光協会
TEL:079-506-1535
まるいのアイテムダウンロード

明日、ささやまいこうかな

丹波篠山観光TV

野音ツアーえこりんプロジェクト

篠山映像想いがたり

篠山歴史美術館

篠山市役所

丹波篠山観光協会

篠山市商工会

ひょうごツーリズムガイド