丹波篠山味まつり

丹波篠山味まつり

開催期間平成22年10月9日|土|~24日|日|16日間

新着情報

歴史の街、美食の街、丹波篠山
こころに残るふる里の記憶、今日、篠山伝統の暮らしに出会う。

江戸時代、山陰道の要衝に築かれた篠山城。城を中心に街が広がり、街道が整備されました。人が集まるところに文化が生まれ、その文化は京都の影響を色濃く受け、歴史的な町並みや祭りなどに京文化のみやびな伝統を受け継いでいます。

今では、その豊かな歴史と農産物とともに、日本の原風景、日本人の「こころのふる里」ととらえられています。篠山盆地の霧と寒暖の差を活かした特有の農産物は、昔からその味と品質の高さで食通をうならせてきました。


丹波の黒豆として有名な「丹波篠山黒大豆」をはじめ、丹波栗、丹波篠山牛、丹波松茸、丹波篠山山の芋 、猪肉など、全国に知られた食材と自慢の料理が目白押しです。

どこか懐かしく、こころやすらぐ丹波篠山。美食堪能、町並遊行、歴史探訪、食材探索、美酒鯨飲、美景満喫と、老若男女、誰もが楽しめるイベント空間を用意しました。

丹波篠山黒枝豆の味わい

丹波篠山黒枝豆は、時間を経て彩りある味わいを表現します。
本物の食をお好みでご堪能ください。

  • 新鮮でさわやかな味わい
  • 豊潤でまろやかな味わい
  • 食通が好む熟成した旨み

さまざまな特産が集まる丹波篠山味まつり。「特産振興から食文化創造へ」をテーマに開催いたしております。こだわりのあの味、一度は試してみたい憧れの味、なつかしい味、きっとあなたが探し求めていた本物の味に出逢えます。

丹波篠山黒枝豆!

会場: 各所にて販売

いまや全国ブランドになった「丹波篠山黒枝豆」。その解禁に合わせ、食べ頃の黒枝豆が販売されています。安全安心な農産物を提供するとともに、「農都」篠山の食文化に触れるイベントを実施します。

春日神社例祭 10 月17日(土)、18 日(日)

会場 : 春日神社・篠山市街

きらびやかな装飾を施した9基の鋒山が、ちょうちんなどでほのかに照らされた商店街を練り歩きます。京都の祇園祭の山鉾を模した鋒山は一見の価値あり。

  • 丹波篠山まち歩き 街並みもご自由にお楽しみください。 城下町には、今話題の古民家や町屋をリノベーションしたレトロなお店やギャラリーがいっぱい。江戸の町割り、妻入商家群、武家屋敷群を巡って、ひと味違う味まつりを満喫ください。
  • ササヤマルシェ 10月31日(土)/ 11月1日(日)/ 2日(月)/ 3日(火祝)
    会場 : 河原町周辺 開催時間 : 10:00~16:00ごろ
    http://sasayamarche.com/
    「ササヤマルシェ」は「ハナシ、ハズム、マルシェ」を合い言葉に、人と人とのふれあいや会話を通して「自分にとって本当に良いもの」を見つけ、そこから生まれるつながりを楽しんでもらおうと企画されました。河原町の江戸情緒の町並みに、日用品、雑貨、陶器、料理、ワークショップ、丹波杜氏のお酒、地場産品などのお店が並びます。

▲ページの先頭へ戻る

丹波焼陶器まつり