丹波篠山観光協会

丹波篠山の観光についてご案内します。

  • 観光施設
  • 体験施設
  • お食事
  • 和洋菓子(スイーツ)
  • 宿泊
  • 温泉
  • 陶器等工芸品
  • その他・交通
  • 商業
  • 特産品・おみやげ

観光おたすけ情報

篠山マップ

交通とアクセス

篠山市役所

篠山市観光情報ひょうごツーリズムガイド

丹波篠山阪本屋

株式会社 おゝみや

着物レンタル花菱

株式会社プリテック

株式会社小田垣商店

鳳鳴酒造

料理旅館 たかさご

特産館ささやま

味土里館

茶遊菓楽 諏訪園

兵庫陶芸美術館

ユニトピアささやま

王地山公園ささやま荘

小多田屋

こんだ薬師温泉ぬくもりの郷

大正ロマン館

狩場酒造場

和みと癒しの茶畑・寺院巡りハイキングが行われました

茶の里ハイキング茶の里ハイキング 茶の里ハイキング茶の里ハイキング 茶の里ハイキング茶の里ハイキング 茶の里ハイキング茶の里ハイキング 茶の里ハイキング茶の里ハイキング 茶の里ハイキング茶の里ハイキング 茶の里ハイキング茶の里ハイキング

今回は、新茶の季節を迎えた「茶の里味間」・寺院をめぐるコース。
青空が広がる中、篠山口駅を10時前に出発。道沿いの草花や地形など、ガイドさんの解説に耳を傾けながら、ゆっくりと歩きます。
10時半すぎに辿り着いた、「文保寺」では住職さんにご案内いただきながら、境内を見学。文保寺楼門は篠山市の指定文化財にも指定され、堂々とした風格で風格で佇んでいます。平成30年には、『再興700年祈念法要』が執り行われるそうです。
茶まつり会場を見下ろしながら、茶畑の中を歩くと、会場まではすぐそこ。会場は、たくさんの人でにぎわい、様々なイベントが開催されています。また大国寺本堂裏の「ササユリ」の群落も必見です。大国寺と丹波茶まつりは明日6月4日も開催されます。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

行程 
JR宝塚線篠山口駅-文保寺-味間地区茶畑--大国寺・茶まつり会場---解散

◎文保寺ー聖備山長流寺と称し、大化年間にを開基。その後、承歴の乱によって焼失したが、に再興された。そして、文保年間に宝鏡寺門 跡一品親王より寺号「文保寺」の勅額を賜り松尾山文保寺と改ためた。 明智光秀による丹波攻めのときに焼失、ふたたび荒廃していたが江戸時代に再興された。

大国寺ー禅宗様式(唐様(からよう))と和様式を折衷した建築学上珍しい様式をもった建物で、鎌倉時代末期から室町時代初期に建立されたと推定されています。14世紀初頭という早い時期の折衷様式を示す事例として、極めて重要な建築です。堂内には5躯の仏像(国指定重要文化財)が安置されています。

◎ササユリー葉がササに似ていることから名付けられた「ササユリ」。50~100cmの茎に咲く淡紅色の花はすっきりと細長い漏ろう斗と型で、恥じらうように横を向いているのが特徴です。市内では、6月から7月にかけて山すそに咲きます。