丹波篠山の歴史

Home > 丹波篠山の歴史  > 御田植祭(おたうえまつり)

御田植祭(おたうえまつり)

御田植祭(おたうえまつり)

御田植祭は、神田で実際に田植えをする場合と、模擬田として、本殿や舞殿などで種まきから収穫までを行う模擬田型がありますが、藤坂の春日神社は、後者に属し、毎年5月10日前後の日曜日に舞殿で奉納されます。
「奥のたんぼ、口のたんぼ...」のはやしを合図に、禰宜(ねぎ)と呼ばれる氏子当番が数人、牛に扮する人が面を付け、前かがみになってゆっくり 歩きます。その後から、木製の小型のすきを持った人が田を耕していきます。そして、別の農民役数人が、舞殿内をゆっくり回りながら代(しろ)かき、田をな らしていきます。田ごしらえができると、いよいよ植え付けです。稲の苗は、境内の桂の木の枝を、朝早くから用意しておいたのを使います。最後の田植え役の 2人が、桂の枝を苗に見立て、ゆっくりと丁寧に床の上に置いていきます。1列12本で3列に並べます。本殿に向かって美しく置かれた桂の枝が並び神前に奉納され、「今年も豊作でありますように」と祈りの雰囲気に包まれ、御田植祭は終了します。

時期:5月10日前後の日曜日



篠山観光案内所
TEL:079-552-3380
篠山口駅観光案内所
TEL:079-590-2060
篠山市役所 商工観光課
TEL:079-552-1111
丹波篠山観光協会
TEL:079-506-1535
まるいのアイテムダウンロード

明日、ささやまいこうかな



丹波篠山観光TV

動画で見る日本遺産

篠山映像想いがたり

篠山歴史美術館

篠山市役所

丹波篠山観光協会

篠山市商工会

ひょうごツーリズムガイド