丹波篠山の歴史

Home > 丹波篠山の歴史  > 本郷春日おどり(ほんごうかすがおどり)

本郷春日おどり(ほんごうかすがおどり)

本郷春日おどり(ほんごうかすがおどり)

旧草山村の氏神である春日神社の祭礼に奉納される民俗芸能で、子どもたちが紺地の着物を肌脱ぎし た長襦袢姿になって、境内に並べられた演台の上で品よく踊ります。伝わる曲目は、「鯉の滝登り」「豊年おどり」「兵庫くどき」「宰相頼朝さん」など18種 が伝わり、持ち物の種類によって「手踊り」「御幣踊り」「扇子踊り」の3種類に分けられています。近世末に流行った「お陰踊り」との関連が考えられ、県内では類例がないことで注目されています。


市指定・無形民俗文化財
時期:10月中旬
 



篠山観光案内所
TEL:079-552-3380
篠山口駅観光案内所
TEL:079-590-2060
篠山市役所 商工観光課
TEL:079-552-1111
丹波篠山観光協会
TEL:079-506-1535
まるいのアイテムダウンロード

明日、ささやまいこうかな



丹波篠山観光TV

動画で見る日本遺産

篠山映像想いがたり

篠山歴史美術館

篠山市役所

丹波篠山観光協会

篠山市商工会

ひょうごツーリズムガイド