• トップページ
  •  > 
  • 日本最古の茶畑【丹波茶】の魅力特集!
  • 日本最古の茶畑【丹波茶】の魅力特集!

    日本最古の【丹波茶】特集

    丹波篠山といえば、黒豆、山の芋、栗…だけでなく、
    【丹波茶】も歴史ある丹波篠山の特産品です!

    丹波篠山の旬のものといえば【秋・冬】と言われがちですが、
    【夏】も【丹波篠山らしさ】を楽しむことができるスポットがあります^^

    丹波茶とは

    丹波茶の歴史

    丹波茶は、日本最古のお茶処で、平安時代には朝廷に献上されていたという歴史を持ちます。

    江戸時代には、大阪(上方)で流通するお茶の半分が丹波茶と言われるほど、
    篠山藩の収入の多くを占めていました。

    日本で最も気温の低いお茶の栽培地域で、
    現在も兵庫県のお茶の生産量の70%を占めています。

    丹波茶の伝統を引き継ぐ企業

    ◆ 現在では、味間奥(丹南)にあります、
    ・JA丹波ささやまさん
    ・諏訪園さん
    ・熊野園さん
    この3社が丹波茶の歴史を引き継いでいます。

    住所:兵庫県丹波篠山市味間奥1463

    営業時間:09:00~17:30

    定休日:不定休

    定休日備考:基本的には毎日営業しています。
    茶摘みの時期などは、休みの場合もあります。
    詳しくは諏訪園ホームページをご確認ください。

    美しい茶畑を見ながら、
    美味しいお菓子と丹波茶を味わえる喫茶を併設したお店。
    お茶とお菓子の購入もできるお土産屋さんとしてもおすすめです。

    住所:兵庫県丹波篠山市味間奥456

    営業時間:10:00~17:00

    定休日:木曜日

    定休日備考:※ 茶の喫茶、軽食は随時おこなっております。
     懐石料理はあらかじめご予約ください。
     また、貸切っての茶会にもご利用いただけます。

    ※ご要望により、懐石弁当もご用意いたします。(要相談)
    ※表示価格は税込です。
    ※全館、個室となっております。
    ※ご予約は3日前までにお願いします。
    ※8名様以上より送迎あり。お気軽にお問い合わせください。

    煎茶道の家元 隈野聚鳳流 として、現在26代目という熊野園さんは、
    本格的な懐石料理や、作法を学ぶ場所でもあります。

    喫茶や、気軽な煎茶道を楽しむこともでき、
    お土産の購入も可能です◎

    お茶ができるまで

    煎茶の一般的な作り方

    【摘む】摘んだ瞬間から発酵が始まり、熱を持ちます
    →【蒸す】美しい緑色を保つように加熱します
    →【冷却】風を送り、一気に冷まします
    →【揉む&乾燥】葉を崩さず細胞壁だけを崩し、抽出しやすくします。
    →【カタチを整える】葉を縦長に丸めて体積を小さくします
    →【乾燥】長期保存できるように

    緑茶はこの製法が基準で、あとは蒸し時間を変えたり、葉の大きさで商品を分けられます。煎茶製造は、抹茶の3倍以上の時間と手間がかかります。

    茶畑が恐れる霜害

    茶畑にとって、3月中旬~5月初旬に【霜】にあうことを恐れています。
    茶の新芽が、【凍霜害】にあうと、収穫量に大打撃となります。

    茶畑には、高い位置で扇風機のようなものが点在していますが、
    それは、霜害防止のための【防霜ファン】なのだそうです。

    煎茶道という文化

    日本の代表的な伝統文化【茶道】には、
    「煎茶道」と「抹茶道」が存在します。

    一般的に「茶道」というと、抹茶をシャカシャカしている「抹茶道」がイメージされますが、実は「煎茶(葉茶)」を使った「煎茶道」も茶道のひとつ。

    京都(宇治)といえば「抹茶」のように、
    丹波篠山に来たら、ぜひ【煎茶】を楽しんでいただきたいです^^
    煎茶道は、堅苦しくなく、より日常的に楽しんでいただけます。

    住所:兵庫県丹波篠山市味間奥456

    営業時間:10:00~17:00

    定休日:木曜日

    定休日備考:※ 茶の喫茶、軽食は随時おこなっております。
     懐石料理はあらかじめご予約ください。
     また、貸切っての茶会にもご利用いただけます。

    ※ご要望により、懐石弁当もご用意いたします。(要相談)
    ※表示価格は税込です。
    ※全館、個室となっております。
    ※ご予約は3日前までにお願いします。
    ※8名様以上より送迎あり。お気軽にお問い合わせください。

    味間奥にあります、「本家 熊野園」さんは、煎茶道の家元でもあり
    (熊野聚鳳流 現在の宗家、大秀鳳さんで26代目という歴史!!)
    お店では気軽に煎茶道を楽しむことができます◎

    🍵煎茶セット(菓子付) 660円
    🍵点前(菓子付) 1100円 (1時間前までに予約)
    🍵煎茶道の作法などの稽古は 3000円/回

    本格的に楽しみたい方は、【点前付き懐石料理】も、4名から要予約で体験♪
    秋冬には、お茶をダシと合わせたお鍋や、喫茶スペースで茶そばも楽しむことができます。

    丹波篠山に来たのに【和菓子】買わないで何を買う!?

    京都に行っても、東京に行っても、高級和菓子屋さんでは、必ずと言っていいほど、「丹波篠山黒大豆」「丹波大納言小豆」「丹波栗」が使われています。

    その生産地である、【丹波篠山】に来たら、やはり、
    和菓子を「買いましょう!」「食べましょう!」
    むしろ、買わなきゃ、こんなチャンスもったいない!!!

    和菓子の購入にオススメの6店舗!

    住所:兵庫県丹波篠山市杉字三反町164-2

    営業時間:09:00~18:30

    定休日:水曜日

    定休日備考:水曜日祝日の場合は営業・元旦

    丹波篠山市民も愛用♪広々とした店舗と豊富な品ぞろえが人気◎
    お店の中には喫茶スペースもあり購入したものを、その場でいただくこともできます🍵

    住所:兵庫県丹波篠山市北新町121

    営業時間:09:00~18:00

    定休日:火曜日

    まるで美術館やジュエリーショップに入ったかのように美しく並ぶ和菓子。
    看板商品の「玉水」は、上皇ご夫妻・秋篠宮ご夫妻にもお召し上がりいただいた一品✨

    住所:兵庫県丹波篠山市乾新町59

    営業時間:08:30~18:00

    栗だけで作られた「純栗蒸羊羹」は、TVでも「丹波篠山の銘菓」として紹介されました。
    職人が作り上げた上品なお味で、お土産やおもたせに、地元でも人気の高いひと品。
    栗あんに、栗の甘煮をのせた、栗そのもののお味。
    小さ目なサイズながら栗がぎゅっと詰まった上品なお味で満足感があります。

    住所:兵庫県丹波篠山市立町78-1

    営業時間:08:00~18:00

    定休日:木曜日

    明治42年創業!100年以上にわたり手作りの菓子を提供されているお店でありながら、ネット販売やSNSの活用などを先駆けて行っており、全国的にもファンの多いお店◎
    「栗もなか」は丹波を代表する【最中】と言われています!

    住所:兵庫県丹波篠山市二階町59

    営業時間:09:00~19:00

    定休日:水曜日

    定休日備考:秋は無休

    秋には大行列!栗好きにはたまらない「栗きんとん」と「栗おはぎ」。特に栗おはぎは、他では食べられないので、毎年通うファンもいらっしゃるほど!🌰🌰🌰

    住所:兵庫県丹波篠山市郡家130-12

    以前は城下町にあり、現在は郡家に移転しております。
    栗そのものの美味しさを生かした、純栗羊羹(じゅんぐりようかん)が名物!
    合わせて栗納豆も召し上がっていただきたい一品✨

    丹波茶を使ったアレンジレシピ

    2019年≪全国学校給食甲子園≫で優勝した、
    丹波篠山市立西部学校給食センターから教えていただいた【緑茶アレンジレシピ】をご紹介👨‍🍳

    ・茶の葉の天ぷら(茶葉は茶畑にて予約購入)
    ・お茶のふりかけ
    ・おひたし
    ・揚げ物の衣に混ぜる(粉茶がお勧め!ハーブのよう♪)
    ・焼き魚のソースに!(粉パセリのようなイメージ)

    茶の葉は、菓子作りはもちろん、クックパッドにも様々なレシピがアップされていますので
    参考にされてみてくださいね◎
    香りがよくて栄養価の高い緑茶のレシピ、ぜひ楽しんでみてください^^

     

    丹波篠山に来たら【丹波茶】を味わってください

    やはり、「地のものは、地のものと合わせるのが最高に美味しい!!」丹波篠山の材料を使った料理やお菓子にはぜひ、丹波茶を合わせてお召し上がりください🍵🌱

    新茶の季節である、夏ごろが一番楽しめる時期なので、ぜひ、丹波篠山へお越しの際は、【丹波茶】をお楽しみください🌱

    \ この記事を共有する /