• トップページ
  •  > 
  • 宿泊
  •  > 
  • 篭坊温泉
  • 篭坊温泉

    かごぼうおんせん

    美しい山並みと渓流のせせらぎに耳をかたむけ、自然と一体になる・・・・

    「篭坊温泉 湯の壺」

    奇岩絶壁の山狭を縫う碧流と深淵、その風趣に富む眺望は自然美豊かな別天地。

    バス停付近から羽束川(武庫川の上流の一つ)を源流に向かって約3キロほど行くと、閑静な山峡に篭坊温泉がある。
    北には弥十郎ヶ岳の山塊が迫り、南には大野山連山がそびえ、このあたりは標高約400メートルで、県立猪名川渓谷自然公園に属している。 
    泉質は、アルカリ性の炭酸塩類・鉄分を含み、冷泉である。
    寿永3年(1184)2月の一ノ谷の合戦で敗れた平家の落武者が隠れ里にして、この冷泉で傷の手当をし、薬師寺堂を建てたという。
    今も、五輪谷・籠谷に平家一族の五輪塔が残っている。
    昔、付近にあった大徳寺・福泉寺という二つの寺の、籠坊を入浴療養者に宿坊として利用させたところから、温泉の名になったと伝えられている。
    春は新緑につつまれて山菜料理、夏にはホタルが飛び、カジカが鳴き、アユやアマゴが釣れ、秋には栗にマツタケ狩り、鮮やかな紅葉が過ぎると冬のぼたん鍋と、四季折々に情緒のある山間の温泉郷として、古くから親しまれている。
    渓谷沿いに3軒の料理旅館があり、年間を通じて訪れる人が多い。

    〈内観〉

                       

    基本情報

    郵便番号
    〒669-2421
    住所
    兵庫県丹波篠山市後川新田79
    電話番号
    079-556-3685
    マップ
    Googlemapで見る

    宿泊情報

    食事の有無
    設備
    美しい山並みと渓流のせせらぎに耳をかたむけ、自然と一体になる・・・・

    「篭坊温泉 湯の壺」

    奇岩絶壁の山狭を縫う碧流と深淵、その風趣に富む眺望は自然美豊かな別天地。

    バス停付近から羽束川(武庫川の上流の一つ)を源流に向かって約3キロほど行くと、閑静な山峡に篭坊温泉がある。
    北には弥十郎ヶ岳の山塊が迫り、南には大野山連山がそびえ、このあたりは標高約400メートルで、県立猪名川渓谷自然公園に属している。 
    泉質は、アルカリ性の炭酸塩類・鉄分を含み、冷泉である。
    寿永3年(1184)2月の一ノ谷の合戦で敗れた平家の落武者が隠れ里にして、この冷泉で傷の手当をし、薬師寺堂を建てたという。
    今も、五輪谷・籠谷に平家一族の五輪塔が残っている。
    昔、付近にあった大徳寺・福泉寺という二つの寺の、籠坊を入浴療養者に宿坊として利用させたところから、温泉の名になったと伝えられている。
    春は新緑につつまれて山菜料理、夏にはホタルが飛び、カジカが鳴き、アユやアマゴが釣れ、秋には栗にマツタケ狩り、鮮やかな紅葉が過ぎると冬のぼたん鍋と、四季折々に情緒のある山間の温泉郷として、古くから親しまれている。
    渓谷沿いに3軒の料理旅館があり、年間を通じて訪れる人が多い

    \ この記事を共有する /