• トップページ
  •  > 
  • 三浦春馬さん大活躍の映画「森の学校」が全国上映されます!
  • 三浦春馬さん大活躍の映画「森の学校」が全国上映されます!

    映画「森の学校」の公式パンフレットが、上映映画館だけでなく、篠山観光案内所(大正ロマン館西側)や篠山口駅観光案内所(JR篠山口駅構内)でも購入いただけます。(1冊700円、お一人様2冊まで、郵送対応は行っておりません)

    映画「森の学校」とは

    映画『森の学校』は、丹波篠山市出身で、霊長類学の世界的権威・河合雅雄先生の小説『少年動物誌』(福音館書店 刊)を原作として2002年に製作されました。映画監督の西垣吉春さんもまた、丹波篠山市のご出身です。
    主演の、神崎愛さん(母親役)と篠田三郎さん(父親役)に囲まれて、12歳の三浦春馬さんが大活躍されています。
    映画「森の学校」は、丹波篠山の雄大な自然や景色を大きな画面で見てほしいという監督の思いから、映画館のみでの上映となっており、ファンの中では「幻の映画」と呼ばれています。(現在はDVD化、動画配信などはされていません)

    全国で上映が決定!

    リクエストの多い作品を映画館で上映する『ドリパス』というサービスで、「森の学校」がランクインし、上映が決定!しかし、アクセスが集中し、ドリパスのサーバーがダウンしてチケットを購入できずにいた人が多かったため、TOHOシネマズの映画館サイトで発券できるようになりました。現在、全国各地で上映されています。
    【最新の上映館の情報はこちら】
    昭和10年代の丹波篠山を表現した映画ですが、令和の現在も、当時と変わらぬ景色が丹波篠山にはあります。
    撮影場所についての詳細はこちら▼

    \ この記事を共有する /