丹波篠山の歴史

Home > 丹波篠山の歴史  > 追入の三番叟(おいれのさんばんそう)

追入の三番叟(おいれのさんばんそう)

追入の三番叟(おいれのさんばんそう)

追入神社で奉納される三番叟は、子ども4人が一番叟、二番叟、三番叟と続いて鈴の舞を踊ります。囃子は、現在、拍子木だけとなっていますが、古くは笛や小鼓を使用していたようです。 まず、拍子木をツゲ板の上でチャン、チャ、チャンと打ち鳴らして、「東西、東西、楽屋内より不弁舌なる口上をもって申し上げまする」と口上を述べ、続い て、一番叟より鈴の舞まで奉納されます。これらは、天下泰平、国土安穏、諸願成就、家内安全、息災延命、所富貴と、多くの願いが込められた舞が奉納される のです。特に三番叟は、3人の子どもが面を着けないで、一番叟から三番叟までを舞うことで、この3人が千歳にあたると思われます。三番叟まで終わると、次 に「鈴の舞」といわれる白い翁面と黒い翁面を着けた子ども2人が舞を奉納します。一般的には、黒い尉面を三番叟といっています。

 

追入三番2.jpg    追入三番1.jpg


時期:10月上旬
 



篠山観光案内所
TEL:079-552-3380
篠山口駅観光案内所
TEL:079-590-2060
篠山市役所 商工観光課
TEL:079-552-1111
丹波篠山観光協会
TEL:079-506-1535
丹波篠山黒枝豆販売の店マップ

まるいのアイテムダウンロード

明日、ささやまいこうかな

丹波篠山観光TV

野音ツアーえこりんプロジェクト

篠山映像想いがたり

篠山歴史美術館

篠山市役所

丹波篠山観光協会

篠山市商工会

ひょうごツーリズムガイド