丹波篠山の歴史

Home > 丹波篠山の歴史 > 祭/行事  > 田楽おどり(でんがくおどり)

田楽おどり(でんがくおどり)

田楽おどり(でんがくおどり)

木津住吉神社の祭礼に、舞堂で奉納される田楽です。田楽には「幣かたげ」「ササラ」「太鼓」「笛」の役があり、浅葱色の裃、仙台平の袴、それに白足袋の装束を付けた踊り子が、「巫女の舞」「田楽」「跳び(トートイチ)」を順番に舞います。 当田楽についての由来は、史料や伝承がないため定かではありませんが、天明4年(1784)に書かれた「宮当規式定書」には「踊ならし」の記載があり、こ の時期には既に行われていたことが明らかとなっています。木津に近い鴨川住吉神社(加東郡社町)の神事舞が、国の重要無形民俗文化財に指定されていること から見て、当木津住吉神社の田楽は貴重であり、田楽分布地域の中にあって埋もれた存在といえます。

木津田楽1.jpg





時期:10月中旬
県指定・無形民俗文化財



篠山観光案内所
TEL:079-552-3380
篠山口駅観光案内所
TEL:079-590-2060
篠山市役所 商工観光課
TEL:079-552-1111
丹波篠山観光協会
TEL:079-506-1535
まるいのアイテムダウンロード

明日、ささやまいこうかな

丹波篠山観光TV

野音ツアーえこりんプロジェクト

篠山映像想いがたり

篠山歴史美術館

篠山市役所

丹波篠山観光協会

篠山市商工会

ひょうごツーリズムガイド