丹波篠山の歴史

Home > 丹波篠山の歴史  > 蛙おどり(かえるおどり)

蛙おどり(かえるおどり)

蛙おどり(かえるおどり)

神舞は、住吉神社祭礼の宵宮に奉納されます。もとは3 つの宮座が主体となり奉納していましたが、現在は「神舞保存会」が行っています。締太鼓とビンザサラの演奏が交代するときに、「カエロカエロ」と声をかけることから、「蛙おどり」と呼ばれています。踊りはいわゆる田楽で、楽器は締太鼓、ビンザサラが使用されます。踊りの内容は、「惣田楽」と「いずまい」と呼ばれる輪舞で、鶴亀を染め抜いた紺の素袍と袴を着用した踊り手が舞います。
2種類の踊りのみで構成された単純素朴な芸能ですが、中世の田楽の姿をよくとどめています。

 

蛙おどり2.jpg kaeru001.jpg 

開催時期

10月第1土曜日

お問合わせ

ホームページ:

小野原住吉神社
TEL 篠山観光案内所 TEL079-552-3380

アクセス

【電車・バスをご利用のお客様】

JR相野駅より「清水寺」行き「和田寺口」バス停下車徒歩20分

【お車をご利用のお客様】

舞鶴若狭自動車道「丹南篠山口IC」より国道176号線経由、国道372号線を加東市方面へ約20分



篠山観光案内所
TEL:079-552-3380
篠山口駅観光案内所
TEL:079-590-2060
篠山市役所 商工観光課
TEL:079-552-1111
丹波篠山観光協会
TEL:079-506-1535
まるいのアイテムダウンロード

明日、ささやまいこうかな



丹波篠山観光TV

動画で見る日本遺産

篠山映像想いがたり

篠山歴史美術館

篠山市役所

丹波篠山観光協会

篠山市商工会

ひょうごツーリズムガイド