篠山市観光ニュース

Home > 丹波篠山の歴史 > 祭/行事  > 曽地厄神祭(そうじやくじんさい)

曽地厄神祭(そうじやくじんさい)

曽地厄神祭(そうじやくじんさい)

 曽地中の厄除八幡神社は京都の岩清水八幡宮より分霊されました。平安中期から末期にかけて創建されたとしていますが、明智光秀の丹波攻めにより記録文書は焼失し、その詳細は定かでありません。現在の 社殿は再三改築され天保八年(1837年)造営されました。

 厄除祈願祭では2日間は焚き木を絶やすことなく祭が開催されます。

【日時】
 平成24年1月18日(水) ・ 19日(木)
 ※神社宮司の「ご祈祷」 18日は午後9時まで 19日は午後2時まで

   

【場所】
 兵庫県篠山市曽地中

【催し】
 ふるまい・・・厄除け "やきもち" (18日午後6時から午後8時まで)

 

アクセス



篠山観光案内所
TEL:079-552-3380
篠山口駅観光案内所
TEL:079-590-2060
篠山市役所 商工観光課
TEL:079-552-1111
丹波篠山観光協会
TEL:079-506-1535
まるいのアイテムダウンロード

明日、ささやまいこうかな



丹波篠山観光TV

動画で見る日本遺産

篠山映像想いがたり

篠山歴史美術館

篠山市役所

丹波篠山観光協会

篠山市商工会

ひょうごツーリズムガイド