• トップページ
  •  > 
  • 観光スポット
  •  > 
  • 王地山焼
  • 王地山焼

    おうじやまやき

    王地山焼は、江戸時代末期の文政元年(1818)、当時の篠山藩主青山忠祐(ただやす)が王地山 (篠山市河原町)の地に、京焼の陶工・欽古堂亀祐(きんこどうかめすけ)を招いて始めたものです。以後半世紀、数々の名品を輩出しましたが、明治の廃藩 で、篠山藩と運命を共にして消滅しました。
    明治以降、途切れたこの美しい陶器作りを再現したいという地元の人の願いが叶って、昭和63年(1988)に、発祥の地である王地山に「王地山陶器所」が作られ、再興されました。若い職人たちの手によって、新しい王地山焼が作られ販売されています。
    王地山の特徴は、釉薬で分類すれば、青磁、染付、白磁、赤絵などが主流です。おそらく最も評価の高いものは、青磁の中にあります。これは、欽古堂亀祐が青磁 の達人であったからです。王地山焼は、篠山藩お抱えのいわゆる藩窯であったため、一般に出回ることは少なく、江戸時代も製品の数はもともと少なかったよう です。まさしく、幻の陶磁器であることが一番大きな特徴といえます。
                       

    基本情報

    郵便番号
    〒669-2325
    住所
    兵庫県丹波篠山市河原町431
    マップ
    Googlemapで見る

    \ この記事を共有する /