• トップページ
  •  > 
  • 観光スポット
  •  > 
  • 篠山玉水ゆり・あじさい園
  • 篠山玉水ゆり・あじさい園

    ささやまたまみずゆり・あじさいえん

    歴史と伝統につつまれた城下町篠山。

    篠山玉水ゆり園は、1995年に開園しました。
    1万5千平方メートルの敷地を三つに区切り、開花時期ごとに分けてゆりを育てています。

    営業時間 : 8時~17時
    入園料 大人:700円
    小人:350円

    ゆりの球根、ユリ・あじさいの鉢植、切り花(数量限定)も販売しています。

    篠山の中心部から歩いて5分の場所にあり、シーズンには60種10万本のゆり1000株のあじさいが、色とりどりに咲き誇ります。
    園内には篠山城の井戸水の水源地、史跡「玉水」があります。

     

     

    史跡「玉水」とは

    玉水ゆり園の中には、清水が湧く小池があり「玉水」と呼ばれ、丹波篠山市の指定史跡となっています。

    この小池は元黒岡川の川筋にあたります。
    その川は、篠山築城のころには二の丸北西部の山裾に激しく流れ込んでいて、それを利用したのが「積み上げの井戸」であり、埋めるとき川床に竹の束を並べたので、両方とも今も涸れることがないといい、城中の水量の観測池との説があります。

    城主が茶の湯に用いるため金気を嫌って金具を使わず、鮑貝で掘らせ、形もそれに似せ、貝の五つの穴にあたる所に、松を植えたと伝えられています。

    傍らには、元禄5年(1692)城主松平信庸が建てた「日置玉水の碑」があります。
    碑文には、村人たちはこの清水を飲料水や酒の醸造に使い、余った水は田畑に注いで喜んでいるので、その様子を刻んでおくとし、玉のような水しぶきは永遠に尽きることはないであろうと、漢詩で締めくくっています。

    2021年6月1日~7月中旬の期間限定で開園

    期間は6月開園~7月初旬まで。
    ゆりは早咲き、中咲き、遅咲きと順番に咲いていきます。

    ※開花の状況を必ずお確かめください。
    ▶Instagram @sasayama_tamamizu

    ▶電話番号 079-552-6316

    ・敷地面積:約15000平方メートル
    ・ユリ種類:約60種
    ・ユリ本数:約10万本
    ・アジサイ株数:約1000株

     

    この投稿をInstagramで見る

     

    cc110_shin1(@cc110_shin1)がシェアした投稿

    併設カフェがリニューアル♫

     

    この投稿をInstagramで見る

     

    ささやま玉水(@sasayama_tamamizu)がシェアした投稿

    お土産の購入ができます!

    ゆりの球根や、あじさいの鉢物、グラジオラスの切り花(数量限定)も販売しています。
    また、丹波篠山特産品のお土産コーナーもぜひご覧ください。
                       

    基本情報

    郵便番号
    〒669-2321
    住所
    兵庫県丹波篠山市黒岡207-1
    電話番号
    079-552-6316
    駐車場
    無料 大型バスでのお越しも可能です。
    マップ
    Googlemapで見る
    WEBサイト
    Webサイトへ

    営業情報

    営業時間
    08:00~17:00
    営業時間(備考)
    16時受付終了
    定休日備考
    ゆりの開花期間中は定休日はありません。

    観光スポット情報

    料金
    【入園料】
    大人700円
    小人350円
    料金(備考)
    団体(20名以上)は、10%割引

    \ この記事を共有する /